①ダウンロード・インストール

AviUtl本体を入手

AviUtlのお部屋aviutl100.zipをダウンロードしましょう

001










②入力プラグイン

AviUtlは、デフォルトでは、「AVI・JPG・WAV」など最低限のファイルしか読み込めません。

プラグインを導入する事で、有名な動画・音声形式のファイルを一通り読み込み可能になります。

・DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl

023








ds_input026a.lzhをダウンロード

・解凍してできた「ds_input.aui」をaviutl.exeと同じフォルダに入れてください

024025










・次にffdshowをダウンロードする

026










ffdshow_rev4533_20140929_clsid.exe

x64がついていないものをダウンロードしてください
 (Aviutl本体が32bitプログラムなので、ffdshowも32bit版をインストールする必要があります)


さあffdshowをインストールしよう
・よくわからないがこれにチェックを入れるぜ
027






・全部チェック入れる・・・・なんだこの3つ、よくわからないがチェックしない
028






次へ 次へ インストール完了!

ffdshowをAviutlで使えるようにするため設定します
左下の「スタート」から「すべてのプログラム」で「ビデオデコーダーの設定」を開いてください
030











「DirectShowのコントロール」で「ffdshow を使用する」にチェックを入れ「編集」を押しましょう
031





すげーいっぱいある・・・
032









消しましょうwwwwww
033









あーすっきりした、「追加」を押してaviutl.exeの場所を選んで「ok」を押してください
034









「適応」ボタンを押しましょう
035





これでffdshowとdirectshow入力プラグインが導入されたわけですが
まだ読み込めません
なんで~?
036






ffdshowは動画のコーデック集なわけですが、mp4、flv、mkvにはスプリッターが必要なんです
スプリッターとは?
知らん
(動画を映像と音声を分けるものです)
過去に載せたものをコピペします

flvスプリッター mp4スプリッターを導入します
(32bit版をダウンロードしてね)
http://www.gigafree.net/media/codec/mp4splitter.html
http://www.gigafree.net/media/codec/flvsplitter.html
インストール方法もこのリンク見たほうが早いです(;ω;)
mkvのスプリッターをインストールします
MatroskaSplitter

これで読み込みができるぞーやったー

ついでと言っては何ですがffdshowの音声デコードを切りましょう
無駄に重いから
・「スタート」から「すべてのプログラム」でffdshowの「オーディオデコーダーの設定」開きます
037







「DirectShow のコントロール」で「ffdshow の複数起動」を「なし -使用しない」を選択し「適応」を押す
038





これで映像部分にだけffdshowが適応され、音声部分ではffdshowがしゃしゃり出て来なくなりました

③出力プラグイン

AviUtlは、デフォルトでは、「AVI」形式でしか動画を出力出来ません。

プラグインを導入する事で、MP4(H.264)形式で動画を「高画質・低容量」で簡単に出力可能になります。

rigayaの日記兼メモ帳x264guiEx 2.48v2

・これをダウンロードしましょう

006007












・ダウンロードしてきたファイルを解凍し、中にある「auo_setup.exe」というファイルを実行する

008








なんか黒い画面でた、気にするな


・AviUtlの本体フォルダの場所(パス)を指定し、「次へ」をクリックする

009

010









成功してるな、よし と思って「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を覗いてみた

017

018








すると・・

左上と右上のパスが空白や・・・

019






横のパス設定ボタン押したら近くにあるので設定しましょう

020






④初期設定

プラグイン系の導入も終わったらAviUtl自体の初期設定をしましょう。


AviUtlを起動します!


・「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」を開きます

011







 はーなんかいっぱい出てきた、もうわからん

 そんな時は先人の真似をしよう

012







・設定が完了したら「ok」を押して、右上の×ボタンでAviUtlを終了させる

 (一度終了させないと適応されない)


④.1 動画フィルター

さて、個人的に1つだけどうしても入れたい動画フィルターがあります

本当はいっぱい入れたいけれど重くなるしエンコード時間も多くなるので1つだけ

・まるも製作所さんのLanczos 3-lobed 拡大縮小

 lanczos3-0.5.7.lzh

拡大縮小ができます、え?何に使うかって?拡大縮小に使うんです

キレイに拡大縮小できます、拡大は置いといて縮小に使います


・解凍して出来た「Lanczos3.auf」をaviutl.exeと同じフォルダ内に入れてください

013014











⑤フィルタの順序

本体の設定が終わったらフィルタの順序を変更しましょう。


・Aviutlを起動して、「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの優先度の設定」

015







「DirectShow File Reader」や「L-SMASH Works File Reader」は一番下にしておきましょう

※前記事でL-SMASH Works File Readerをインストールした場合は、その上にDirectShow File Readerが来るようにしましょう

029












長い記事になりました

ではまた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック